FC2ブログ
四本足に2つの車軸
私の趣味を中心に、見聞したこと思ったこと、たまに妄想などを綴ってゆきたいと思います。
鞄を手作りしました。

なんというか作りたくなった。

↑この辺り病気ですねw

例のごとく木工です。

そしていつものように作業中は集中していて写真を撮ることをしないのでいきなり塗装組み立て後ですw

こういうふた付き箱ものは、モノにもよりますが箱を作ってしまってからのこぎりで切った方が綺麗に仕上がりますね♪

先に箱を作って、蝶番やパッチン錠のネジ穴をけがいて下穴を開けておきます。
DSC00226.jpg

のこぎりでふたを切り離します。
DSC00227.jpg
DSC00228.jpg
こういう時は丸鋸やジグソーなどの電動工具よりも手引きののこぎりの方が"刃"が薄いので切りしろが少なく、仕上がりの連続面も綺麗にできます。

DSC00232.jpg
蝶番などの金具を取り付け、突き抜けたネジをやすりで削ります。

DSC00235.jpg
パッチン錠が付くと急に「鞄」っぽくなってきました。

ここで切断面とやすりで削ってしまった部分に塗料を塗って乾かします。完成までもう一息!

底には足としてこれをチョイスしました。「たいこ鋲」
DSC00236.jpg
打ち付けます。
DSC00239.jpg

さらに

今回のハイライトでもある「持ち手」
DSC00240.jpg
ステンサスペンションをホームセンターで見て、持ち手はこれしかない! と思い購入。

デンデンボルトで固定します。

完成!
DSC00245.jpg
塗装色はレッドパイン。赤すぎるかな? とも思いましたが、乾いてみると補強金具も相まって一昔前の旅行鞄のような感じ♪

そして、持ち手のスプリングがスチームパンク!

また、今回は端面が見えないよう斜めに切って「留め継ぎ」しました。
DSC00249.jpg
治具も何にもなしで組み立てたので精度を出すのがすご~く難しく、辛かったです。

仮止めして打って仮止めして打って・・・・・・という感じでした。

中の感じ
DSC00250.jpg
中にはB5ノートなら並べて2列、A4なら横向きにして入ります。

ノートPC「Panasonicの『Let's note』」も余裕で入りました♪
スポンサーサイト



布団乾燥機が壊れました。
DSC00207.jpg

うんともすんとも言わないのでヒューズがとんだかもしれません。

布団の重みに送風が負けて異常加熱したかも?

DSC00202.jpg
DSC00190.jpg
分解してみると案の定温度ヒューズが切れておりました。

なので、交換して足元温風器として再利用を図ります。

※当たり前ですが補償対象外になります。また、改造は自己責任ですよ!!

なんで布団乾燥機として使わないかというと、一度温度ヒューズがとんでいるという事は異常加熱したという事にほかならず、ヒューズを替えたからと言って根本的に直ったわけではありません。もしかしたらまた異常発熱する可能性があります。もちろん、次回もヒューズが必ずとんでくれるという保証もありません。布団乾燥機として放置ぷれいで使用するのは怖いので、送風の負荷が少なく、常に人目のある足元温風器として使う事にしました。(それでも十分怖いですけれど、温風器としての使用なら布団の重みで送風ができなくなり、ニクロム線が過熱しすぎるという事も無いので)

↑じゃあ使うなよって事になるのですけれど、それは言わないお約束でw

布団乾燥機の構造としては、パカって開けたところの写真で下の金属部分。中にファンがあり、上に乗っかっているモーターが回転数することで風を起こします。

そのすぐ上のコードがいっぱいついている小さな部品が電熱線のユニットで、ここで風が加温されます。

加温された空気はパイプと蛇腹で導かれると、こういう仕組みですね。

ちなみに右奥の円柱のようなパーツがタイマーです。

分解してファンとモーターのユニットを取り外します。
DSC00186.jpg
DSC00188.jpg
電熱線が顔を出しました。

ヒューズはこの電熱線部分の下に入っています。

交換するヒューズ。
DSC00194.jpg
DSC00192.jpg
元のヒューズは121℃なのですが、無かったので119℃にしました。こういう場合、規格が小さくなる分には問題ありません。2℃程度なら誤差範囲ですし。

ヒューズを取り出し。

DSC00196.jpg
DSC00197.jpg
新しいヒューズを半田付けします。

温度ヒューズなので、半田の熱が当たりすぎると切れてしまいます。
例えば熱に弱いICなどを半田付けするときには、熱が伝わりにくくなるように専用の金属クリップでリード線を挟むのですが、その応用。目玉クリップでも代用が効きます。

DSC00201.jpg
ヒューズを戻し

DSC00184.jpg
組み付けをしてゆきます。

DSC00209.jpg
スイッチをひねると普通に動きます。

再びヒューズが切れるという事もなさそうです。



そうそう、余談なのですが、構造的にはPCの冷却も原理は同じなのです。ニクロム線の金網部分をCPUの冷却フィンに置き換えれば排熱が温風として出てくるので一石二鳥?
高校・大学の演劇部・サークル支援「キリノ製作所」出張してきました。

↑ココへw

作ったのは階段と一辺6尺の人が乗れるキューブです
DSC04924.jpg
↑階段(一番低いの)

DSC05141.jpg
↑左から 低い階段から続く高階段 キューブ(作りかけ) 低い階段

DSC05725.jpg
↑舞台セッティングされた様子

どんな舞台だったかはちょっと秘密なのですが、素晴らしい舞台でした。ジャンル的には初めての分野で、おまけに脚本はイタリア語。お話に合った大道具が作れるかちょっと不安でしたが、精一杯お手伝いをさせて頂きました。舞台セッティングは前日丸一日と当日の午前中いっぱいを使って行われ、GP、本番と見させて頂きましたが、言語は分からなくてもそれぞれのキャストさんが発する声の抑揚、動き、ひしひしと伝わってくる大きな感情の流れがとにかく圧倒的で、しかもバックミュージックは生オケという豪華さ。このような素晴らしいサークルで舞台を作るお手伝いをさせて頂けたことに感謝です。


※キリノ製作所は依頼を募集中です。大道具を作りたいけどどう作ったらいいか分からない。人が乗れるぐらい大がかりな大道具を作ってみたい。単純に人手が欲しい。などなどありましたらお気軽にご相談ください。
ご依頼はこのコメント欄に記入でも、はたまたtwitter等でDMくださっても構いません。気になるお値段ですが、キリノ製作所(個人)はあくまで"お手伝い"として作らさせて頂いております。最低限材料と作れる場所、それから作りたい大道具の構想があれば喜んで作りに行かせて頂きます。また、大道具の図面引きや、材料の買い出し等もやっております。大道具を作ってみたいけれどどうやって設計図を書けばいいか分からない。買い出しに行きたいけど車が小さい。などでも構いません。ご相談ください。
皆様の舞台がより良いものになる一助になれば幸いでございます。

↑と、ぐじゃぐじゃ書きましたが、要は大道具作るのが好きで好きでしょうがないのでお手伝いあれば喜んでさせて頂きます。という事です。
よつあしらじおー!!!!

このラジオ放送は「キリノ製作所」「キリノ造船所(仮)」の提供でお送りしています。

ぽむ「おはようございます」

とら「こんにちは」

たさ「こんばんは」

ぽむ「よつあしらじおのお時間です」

とら「さて、今日のお題は10分の一大和&信濃を作ろう! という事ですが」

ぽむ「はい。戦艦大和、空母信濃。どちらも人気の船ですよね」

とら「それぞれたどった道は違いますけれども」

たさ「ま、そのあたりは映画を見たりネットで調べていただければいいので。はい。ちゃっちゃと緒元を」

ぽむ「では、下の箇条書きを見てください。強度的部分を完全に無視し、単純に10分の一サイズに落すと・・・・・・」

10分の一大和
排水量:64t
全 長:26.3m
全 幅:3.89m
水線上舷側装甲:41mm
兵 装(新造時):
46mm3連装砲塔…3基
15.5mm3連装砲塔…4基
12.7mm連装高角砲…6基
2.5mm3連装機銃…8基
1.3mm連装機銃…2基

搭載機:零式水上観測機
全 長…950mm
全 幅…1100mm
全 高…400mm

とら「想像以上に・・・・・・デカい」

ぽむ「じゅ、10分の一ですよ・・・・・・」

とら「主砲は10分の一でも46mm・・・・・・迫撃砲クラスよりもちょっと小さいぐらいだな。昔ポーランドで作ってなかったけ? 46mm迫撃砲」

ぽむ「ありますね。一人で持ち運びできる軽量砲。砲弾重量0.76kg、射程距離800mです」資料パラパラ

とら「伏見から大須観音が800m前後じゃなかったけ? 地下鉄一駅分ぐらいは飛ぶのか。すごいな。」

たさ「実砲が41km飛ぶという事だから、そのまま1/10スケールだと4km飛ぶことになるのね」

とら「4kmというと中央本線の金山~千種間ぐらいか?!」

ぽむ「東海道で有名な「七里の渡し着場跡」からぶっ放すと名鉄本線の「山王駅」「本笠寺駅」、そして「瑞穂運動場」まで届くらしい」

たさ「そもそも船の大きさ自体一本釣り用の小型漁船や小型貨物船並みのサイズがありますね・・・・・・」

ぽむ「キリノ製作所が『漁船買ってきて艤装しようぜ』とか言い出しそうですね・・・・・・」

とら「もう言ってたけどな」┐( ̄ヘ ̄)┌

ぽむ「」Σ(゜o゜ノ)ノ

たさ「提供の所に『キリノ造船所(仮)』って」

ぽむ「うわ、マジだ・・・・・・」

とら「それよりさ! 信濃は?」

ぽむ「そうそう。では、下の箇条書きをご覧あれ!!」

10分の一信濃
排水量:62t
全 長:26.6m
飛行甲板長:25.6m
全 幅:4.0m
水線上舷側装甲:20mm
格納庫天井:2.0mmDS鋼板+1.4mmDS鋼板
飛行甲板:2.0mmDS鋼板+7.5mmNVNC甲板

兵 装:
12.7mm連装高角砲…8基
2.5mm3連装機銃…37基
2.5mm単装機銃…40基
12mm28連装噴進砲…12基

搭載機:常用42機・補用5機
「烈風」18機
全 長…1100mm
全 幅…1400mm
全 高…423mm
兵 装…2.0mm機銃2挺

「流星」18機
全 長…1149mm
全 幅…1440mm
主翼折り畳み時:830mm
全 高…423mm
兵 装…翼内2.0mm機銃2挺
    後上方1.3mm旋回機銃1挺

「彩雲」6機
全 長…1115mm
全 幅…1250mm
兵 装…0.792mm機銃1挺

たさ「こちらも、かなり大きいですわね」

ぽむ「艦載機が平均1200mm×1400mmぐらいのサイズなのか。大型のリモコン飛行機ぐらいのサイズはありますね」

とら「飛行甲板が25m×4m・・・・・・ごろごろできるな」

たさ「ウィッチがこうダ――――っと走って行くのに良さそうな・・・・・・」

ぽむとら「?」

たさ「いえ、こちらの話です」(* v v)。

とら「で・・・・・・これを実際に作りたいと?!」

ぽむ「らしいです」

たさ「・・・・・・」

DD「良いんじゃない? 作れば」

ぽむ「でぃ、DD!! いつの間に?!!」

DD「失礼ね。さっきからずっとここに居るわよ?」

たさ「気がつきませんでしたわ」

とら「それで、DDは作るのに前向きなんすか」

DD「楽しそうだもの。良いじゃない。だってそれ、実際に海に浮かべて中で人が操縦できるサイズなのでしょう?」

たさ「確かに。サイズ的には十分大きいです」

DD「ちょっと造船所に電話してくる」(キリッ

ぽむ「あ、ちょっっ! 作るとして、誰がお金出すんですか?!」

DD「よつあしらじおの放送で稼ぐのよ~」

とら「うちらの食い扶持だけでひーひー言ってるのにどう考えたって」

たさ「あら? それは誰かの筆がのろいからではなくて」

グサッ

DD「あーそうそう!! 10分の一にするとウィッチは150mm前後だからね~!」

たさ「150mm・・・・・・15cm。か、可愛い///」(〃∇〃)

とら「ま、まぁ。今日はこの辺りで失礼しましょうか?」

ぽむ「そ、そうですね」

とら「ではまた次回」

ぽむ「ごきげんよう♪」

このラジオ放送は「キリノ製作所」「キリノ造船所(仮)」の提供でお送りしました。

※この記事はきりのんが管理する別ブログから一部変更の上で転載したものです。