FC2ブログ
四本足に2つの車軸
私の趣味を中心に、見聞したこと思ったこと、たまに妄想などを綴ってゆきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝夕はだいぶ涼しさ、というより寒さを感じるようになり、今日などはさらに一日中肌寒さを感じる日でした。

さて、秋といえば
家のキンモクセイが咲きました。

DSC08869.jpg

キンモクセイは良い香りがしますよね。
花が見えなくてもふわりと漂う香りで、あ、咲いてるな~って感じます。

さてさて、秋といえば。

味覚の秋

花より団子

というわけで今年も採れ始めました

DSC08891.jpg
ザクロとカキです。家に渋柿もあるのですが、こちらは不作。もともと干し柿などを作っているわけではないので採れようがとれまいが変わらないのですが、ついばみに来るメジロやヒヨドリの姿が見られないのはちょっとさみしいです。

ザクロって遠目に見る分には鮮やかな果実ですが、近くで見るとちょっとグロテスクかもしれません。
DSC08892.jpg

ではでは今日はこのあたりで
スポンサーサイト
好き。
この言葉ってすごく広くて、深くて。そしてこの言葉ほど多くの人に誤解を与えてきた言葉もないのではないでしょうか?

物が、好き
人が、好き
感情が、好き
この作品が、好き

多くの「好き」ですが、どれもみんな違う。そして、その「好き」に対する感情の度合いは人それぞれ異なる。

作品が好き と、彼女が好き。 これはかなり違う好きな気がします。
でも、ヒロインの性格が好き。と、彼女の性格が好き。はどうでしょう。近そうな雰囲気がしますよね。

建築物が好き。と人が好き。は違いそうです。でも、世の中には建築物と結婚式を挙げた人もいます。
人によって、ときには物が好きと人が好きが同列になることも、ましてや逆転することもありうるみたいです。

でも、どれもみんな同じ「好き」の言葉だから、時々人はそれで誤解をし、傷つけあってしまう。

さて、本題です。

百合の好きとBLの好きは同性愛として同列たるか?

漠然としすぎてすみません。

また、ヘテロの好きと同性愛の好きは同列たるか?

ヘテロと同性愛は違うって思う方、多いかもしれません

では男の娘と女の子で「好き」は百合ですか? それともヘテロですか?

ニューハーフと男の人はBLですか?

もしくは、2次元と3次元の好き(恋)は成立しますか?

成立しない? では、アイドルとそのファンではどうですか?

どちらも手が届く可能性が限りなく0に近いという意味では同じシチュエイションですよね

いろいろ挙げていくとキリがないです。

人によってはそんなの想像だにしたことがないかもしれません。

では、お仕事のパートナーですが、その彼女とは一番腹を割って話せる仲で、一緒にお泊りしたり飲み交わしたり一緒に温泉へ行ったりしている。そして何より、彼女は彼氏持ち。この場合その娘と彼女の関係はなんでしょうか? お互いに好きだけど、その好きはたぶん彼女が彼氏へ向けている好きとは全く違う性質のものではないでしょうか。


BL好きだけどレズゥ。BLも百合もヘテロも愛してる。

そういう人たちもいます。それぞれの人が発する好きの言葉はどれも同じでしょうか?

レズゥの人が発する百合好きと、百合スキーなヘテロの女の子が発する百合好きは同じでしょうか?

違うような気もしますし、でも、同じところがあるような気もします

結局、「好き」という言葉は、発したその人の人生経験、その時の考え方、発したシチュエイション。周辺の環境、聞いている人の違いなどのすべてがパラメーターとしてその背後に隠れているのではないでしょうか?

同じように、BLや百合の考え方も人それぞれです。

では本題に戻ってみましょう

###
百合の好きとBLの好きは同性愛として同列たるか?
ヘテロと同性愛(の好き)は同列たるか?
---
男の娘と女の子は百合ですか? それともヘテロですか?
ニューハーフと男の人はBLですか?
2次元と3次元の好き(恋)は成立しますか?
###

それぞれの答えは人それぞれ違うかもしれません。でも、それで意見が対立したとしてどちらかが間違っている証明はできますか?

その人の意見がその人の人生に裏付けされている以上、その人の「人」を否定しない以上その意見の否定などできないのではないでしょうか?

違う人間ですから、そもそもその意見の成り立っている次元が一人ひとり全然違うのです。

つまり、それぞれの次元で出た「答え」である以上それぞれの意見はすべてその次元(人)が存在する限り正しいのです。

会話でぽろっと出た〇〇好き。の単語。ちょっと考えてみてください。実はそこに、宇宙のごとく無限に広がる心の世界があるのかもしれません。
こんばんは
きりのんです。夏に行った研修旅行の記事をやっとUPすることができます(ふぅ

今回は前後に時間の余裕があったので、経費節約と大阪旅行もかねて鈍行で行ってきました。

まずは・・・・・・というかいきなり飛んで大阪駅

DSC06151.jpg
新しくなってから二度目の訪問。旧ホーム上屋を這うの大量の電線類はあのままなのでしょうか・・・・・・・せっかくきれいにしたのに中途半端さがぬぐえなくてホームから見上げるにはちょっと残念。

ネットでお知り合いになった方とちょろっとお話ししながら日本橋を回って夜、宿を予約してある岡山へ向けて出発。
途中、姫路駅で一枚
DSC06169.jpg
この西日本塗り分けにオレンジ電光の113を見ると、山陽に来たなーというイメージが強くなります

さて、岡山で一泊して翌朝。早く起きすぎて駅へ到着したらまだ改札が開いていませんでした(^^;
DSC06179.jpg
というわけで改札手前から一枚

岡山-広島間は意外と長いですが、ボックスシートに身を預け、ふよんふよんしたバネの感触を楽しんでいるうちに名所八本松-瀬野を通過。通称セノハチと呼ばれ、長大な貨物列車をEF67がぐいぐい推進する姿は圧巻です。
さて、セノハチを下ると周りが急に開けて広島駅へ到着。操車場にはEF67の姿が。
DSC06201.jpg

おりしもこの日は8月6日。原爆投下の日です。先を急ぐ身でしたので式典への参加はしませんでしたが、8時15分に黙とうをさせていただきました。亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りいたします。

正直言うと、参加しなくて良かったかな? とも思いました。場が違うのであまり書く気はしないのですが、反「原発」のデモがうるさくてとても厳粛な雰囲気で式典を行えるような状況ではなかったと聞いています・・・・・・。

さて、気を取り直しまして、この辺りは有名な景勝地です。平氏平清盛、厳島神社で有名な宮島もあります。
DSC06293.jpg
瀬戸内の島々を眺めながら海沿いを淡々と進みます。駅間がだいぶ広くなって、普通列車に乗りながらも快速とか急行に乗った気分になります。

徳山で列車を乗り継ぎ
DSC06309.jpg

また海岸線をひた走ります
DSC06343.jpg

新山口、小野田を通って本州最南端下関に到着
DSC06383.jpg

かつてムーンライト九州が走っていた時、下関駅に到着すると早朝にも関わらずホームの駅弁屋さんがこの列車の為だけに開いていましたが、今回は昼間にもかかわらず開いていませんでした。お店をたたんでしまったのでしょうか? お昼ご飯買えず・・・・・・(TдT)

トンネルを抜けるとそこは雪国・・・・・・ではなく、南国の島(?)でした。 ちなみに関門トンネルは思った以上に潮の香りがします。
DSC06425.jpg
小倉駅で一枚。

さて、このまま目的地へ向かうにはちょっとまだ時間があるのでUターンして門司港駅へ
DSC06492.jpg

レトロな雰囲気で有名な駅なので行ったことはなくても写真で見たことがある方は多いはず。一番有名なのはやはりこの駅舎の姿でしょうか
DSC06491.jpg
暑いです。駅前の噴水は子供たちの遊び場になっていました

DSC06505.jpg
駅舎内は近代化されて自動改札機や自動券売機の導入ももちろん済んでいます。が、この凝りようです。「機賣券動自」(き?けんどうじ)いえいえ。右書き&旧字が用いられていて「自動券賣(売)機」(じどうけんばいき)です。その額の左上に設置されている防犯カメラが何ともミスマッチ!

照明だってもちろん蛍光灯です
DSC06478.jpg
でも、よく見ると鎖が取り付けてある台座はランプを用いていた時代のそのままで、スス抜きの為の排気口が開いています。このころの金属部品は装飾が綺麗ですよね。いかにも職人さんが一つ一つ手作りしました。という感じがします。

九州と本州を結ぶ連絡駅という風格を残した広大なホーム
DSC06527.jpg
広いです。頭端式ホームということで片側に人が流れることを考えても広いです。列車が着くたび、そして、連絡船が着くたびこの広いホームも多くの人でごった返したのでしょうか?

ちなみに、改札横の自動販売機とコインロッカーの向こう側に関門連絡船通路跡が残されています。

さてさて旅も終盤となってきました(研修的にはこれからが本番なのですけれど・・・・・・)快速荒尾行きと普通列車を乗り継いで初日の研修場所である熊本駅に向かいます。


熊本駅は新幹線が開通して近代化しました。在来線もこれから高架化するようで1番線と3番線の間にあるかつての機回し線に、ホームが終わるところで無理やり2番線を設置して急場をしのいでいるようです。
DSC06603.jpg

熊本駅の新幹線側から1枚
DSC06585.jpg
ちなみに新幹線はポケモンラッピングされています♪

研修旅行 行きはこれにて終了。この後九州数か所で研修をして、帰り・・・・・・はほとんどするするっと帰ってきてしました。しかし、いろいろ興味深い体験をしたのでこれはまた機会を見つけて書きたいと思います。 ではでは
こんばんは

きりのんです。大変申し訳ありませんが、第二回たたらオフの開催が非常に難しくなってしまいました。

日時変更が厳しい状況ですので、場合によっては無しになる可能性もございます。
大変申し訳ありません。

詳細は各個人へ追ってお知らせ申し上げる次第であります。
以上


キリノ製作所
こんばんは、きりのんです。

突然ですが、私は三河在住です。
しかしいろいろな都合で名古屋へ出ることが多々あります。

さて、田舎から名古屋へ、どうやって出ますか?

鉄道・バス・車、もしかして自転車?

いろいろな方法があります。名古屋の中心部へ出て、お買い物して帰る。それだけなら鉄道が一番早くて便利かもしれません。中心部の駐車場は値段も高いし、渋滞や細かい道、歩行者が入り乱れる裏路地などは出来れば通りたくないものです。しかし、もしも重たい荷物を持っていたら・・・・・・? できれば車が良いですよね。

さてさて、では、もしもあなたが出張で、いくつか営業所を回らないといけないとしましょう。営業所はどれもみんな駅前すぐの場所にあるとします。例えば、大曽根、枇杷島、春日井(名鉄小牧線)の3か所なんてどうでしょうか。

駅前すぐなんだし電車でいいじゃないか。と思うかもしれません。確かに大曽根と枇杷島はJRでつながっているし、春日井は小牧線が地下鉄上飯田線で平安通まで乗り入れています。

しかし、大曽根から枇杷島までJRで行きますか? 確かに大曽根から中央本線に乗って、名古屋で東海道本線に乗り換えれば枇杷島まで行き着くことができます。けれど、地図でたどってみると大曽根から金山、名古屋を経由して枇杷島まで行くのってすごく遠回りじゃないですか。距離を重視すると地下鉄を乗り継いで名古屋に出るのが近そうですが、名城線→東山線→JR東海道本線と2回も乗り換えるのはちょっと面倒ですよね。地下鉄は高低差もあって階段が辛いですし。

ではでは鉄道からいったん離れて、大曽根から西へずるずるずるっと辿ってみてください。実は、枇杷島って大曽根のほぼ真西なんです。その距離約7km。

これなら車で移動したほうが効率的じゃないかな。 って思いませんか?

次に枇杷島から小牧線春日井まで移動する場合ですが、鉄道を使うと
【枇杷島】→東海道本線→(名古屋)→東山線→(栄)→名城線→(平安通)→上飯田線→小牧線→【春日井】
もしくは
【枇杷島】→東海道本線→(名古屋)→中央本線→(大曽根)→名城線→(平安通)→上飯田線→小牧線→【春日井】
と、どちらにしろ3回も乗り換えなければなりません。

ちなみに栄経由コースだと所要時間約50分で、660円もかかってしまいます。

枇杷島から春日井まで直線距離を測ってみると実はたったの9km。自動車なら30分足らずで着いてしまいます。

つまり何が言いたいかというと、名古屋の場合、鉄道網が名古屋と金山を中心に放射状に延びているだけで、郊外の横のつながりが弱いのです。

じゃあ車で・・・・・・っとなるわけですが、考えることはみんな同じ。車大国愛知県は県土面積に占める道路の割合が日本一。そして交通事故ワースト1。名古屋市内を走ったことがある方は経験済みだと思いますが、片側2車線道路でも第一通行帯はトラックや買い物客の路上駐車がぽつりぽつり。どんなに寄せて停めていても、そしていかに自分が乗っている車が軽自動車でも、その横すり抜けるのは辛いし車間的にも怖い、結果第一通行帯と第二通行帯を右往左往。終いにはウィンカーを出すのもめんどくさくなって名古屋走り化・・・・・・

どうせ一人しか乗ってないんだから、もっとスリムな車ならあの路上駐車の横を車線を変えることなくすり抜けられるのに・・・・・・と、誰しも一度は考えたことがあるのでは。

ありました。もう過去の話ですが、ダイハツから発売されたミゼットⅱ。この車は車幅が1300mmちょい。軽自動車の新規格が約1500mmぐらいなので約200mm前後幅が小さいです。また、小回りもよく効き街中の小さな道でもすいすい走れます。ところがこの車。当初狙っていた小口輸送の需要をうまくつかむことができず惜しくも生産終了。今は小さく改造しやすいという事でマニアの間で高値で取引されているとかしないとか。それからもう一つ、ミゼットⅱはその小ささでありながら横2人乗り可能な車種もあるのです。

では、今はもうそんな車はないのですか? いえ、最近やっと出てきました。電気自動車ですが、トヨタから発売されています。コムス。こちらは完全1人乗り。車体幅は1,100前後とかなり小さ目です。これなら名古屋の街中もすいすい♪ しかも電気自動車なので排気ガス0。けれど電気自動車。航続距離は50km(このブログを書いている時点でのカタログスペック)なのでちょっと郊外をぐるぐる・・・・・・するとあっという間にバッテリーは空っぽです。

航続距離、充電スタンド。それから小型車の法律整備・・・・・・まだまだ課題は山積みですが、街中をすいすい走れる小型車。魅力的じゃありませんか。

魅力的といえば、ミゼットⅱの二人乗りはかなり狭いです。でも、密着できます。いえ、いやおうなく密着します。というわけで、彼女とミゼットⅱで密着百合デート。いかがですか?(*≧▽≦)(≧▽≦*)
国際航空宇宙展お疲れ様でした。
一日でセントレアから金城ふ頭の展示場まで回るのはなかなか大変でしたが、いくつか企業様とお話しさせていただいてパンフレット頂いて、とても有意義でした。ニーズは時代と共に変わるものだということを実感してまいりました。これからますます熱くなるであろう航空宇宙産業。日本の未来を引っ張る良き牽引力となってくれることを切に願います。

そして、その勢いのまままどマギの後編を見に行ってしまいました。

頂いたフィルム↓
CCF20121014_00000.jpg
まどまどしてます。
きゅーべー抱えてるところですね。まどまど。かわいい。まどまど(*≧Д≦)ノ゛
たさ「こんばんは」

たむ「こ、こんばんは」

たさ「たさと」

たむ「たむの」

たさ&たむ「姉妹らじおー!」

たさ「皆様こんばんは。基本的に過酸化水素。たまに希硝酸! たさです♪」

たむ「こ、こんばんは。石油。硫酸からアミノ酸まで! たむです・・・・・・このネタ分かるの?」

たさ「分かんないかも。それより。新コーナーです。遂に枠をいただきました♪」

たむ「せ、精一杯頑張るので、よろしくお願いします」

たさ「もーたむたむそんな肩肘張らなくても大丈夫。もっとリラックスリラックス~」

たむ「ひゃっ! ちょっと、いきなり肩揉まないでください! あ、ちょっとそこはこそばゆいですーぅ」

たさ「どう? リラックスできた?」

たむ「は、はぃい」///

たさ「じゃあーとりあえず最初だし、知ってる人もいると思うけど自己紹介しようか」

たむ「あ、はいっ」

たさ「私はたさ。ぽむの姉です・・・・・・って、自分で自己紹介しても楽しくないな――あ、そうだ。お互いに紹介しあいっこってのはどう?」

たむ「え、えっっ?!」

たさ「もう。何年一緒に暮らしてんのよ。それぐらいできるでしょー」

たむ「う、うん。やってみる」

たさ「よし。じゃあ私から。今隣に座ってるのは私の愛妹のたむ。身長は平均よりもちょっと小さ目だけど、そこがかわいいの。自分から何かすすんでやるタイプではないけれど、言われたことはきちんとやるし、それに、意外と気が回るから家事のお手伝いとか得意ね。あとは~辛い物が全然だめ。辛い物好きな私とは正反対ね。かといって甘いものが大好きなわけでもなくて、どちらかというとなんでもあっさり薄味が好きかな。今日はいつものワンピースでスタジオに来てますっ。このワンピース私が誕生日に買ってあげた服だよね。大事に着てくれてお姉ちゃんうれしいっ♡」

たむ「あ、うん。ありがとう。これ、お気に入りなんだ。えへへ/// でも、身長のことは黙っておいてほしかったなーもう」

たさ「ごめんごめん。じゃあたむたむ。私の自己紹介、ヨロシクゥ!」

たむ「は、はい。えっと、私の右隣に座っているのが私の姉のたさです。えっと、でも、これらじおだから見えないんだよね・・・・・・あ、ん~と、身長はちょっと高め? 私がその、低め。だから、お姉ちゃんと歩いてると実際の年齢以上に差があるように見られたりよくします。お姉ちゃんはどっちかっていうとアクティブ派。いろんな人とすぐにお友達になれるし、イベントとかのボランティア、お手伝いかな。にもよく参加しています。地元でもいろいろなことに参加しているので結構顔が広くて、道端でよく声をかけられたりしてます。このらじおに参加するようになったきっかけも、イベントで出会った人のつながりなんだって。それから、さっきも言っていたけれど辛い物が大好き。食卓にはお姉ちゃん専用の豆板醤のビンが置いてあります。あ、ふく? 服は――お姉ちゃんもワンピースって私とおんなじの?!」

たさ「え、今頃気が付いたの?!」

たむ「き、気が付かなかった。えっと、ふ、服は私とペアルックですっっ」(*≧Д≦)

たさ「ぺ、ペアルック/// 確かにそうだけど、いえ、それを意識しましたけどっ」

たむ「お、お姉ちゃんが、照れてます」

たさ「てれてまーせーん!」

たむ「あ、ひひゃいひひゃいほっへのびひゃう」

たさ「と、まぁこんな姉妹ですが。今後よろしくお願いいたします」

たむ「よ、よろしくお願いします。う~ひりひりするー」
ぽむ「ぽむと」

とら「とらの」

ぽむ&とら「よつあしらじおー!」

ぽむ「皆様こんばんは。ご無沙汰しておりましたぽむです」

とら「こんばんは。とらです」

ぽむ「朝夕は日に日に冷え込むようになって」

とら「秋ですね~」

ぽむ「夏の間仕事なかったね~」(´;Д;`)

とら「ね~」(ノД`)・゜・。

ぽむ「またおいおい再開してゆきたいところですけれどっ!」

とら「どっ?!」

ぽむ「・・・・・・今日は2人だけですね」

とら「・・・・・・? ど、どうしたんですか急に」

ぽむ「次回から、もしかしたら、たさ&たむ姉妹に特設コーナーできるかもっ!」

とら「なんと遂にレギュラー化ですか?!」

ぽむ「いや、それがね、来た時だけらしいんだけど、ホラ、姉妹らじおとかどう? ってこの前DDが2人に話してるところ偶然聞いちゃったんですよ」

とら「なんとなんと。でも、面白そうじゃん? 姉妹らじお」

ぽむ「でもその分私たちの出番減っちゃうね」

とら「・・・・・・やる?」

ぽむ「何を?」

とら「先輩後輩らじおーとか」

ぽむ「デッドコピーはやめたほうがいいよ~ただでさえ仕事ないのにそんなこと始めたら、本当におまんま食えなくなっちゃう」

とら「ちょっとぽむ抑えて抑えて」

ぽむ「はっ・・・・・・ゴホンッ えっと、で、では」

とら「次回以降の新コーナー『姉妹らじお』ごうご期待!」

ぽむ「先に宣伝すると大体企画倒れするんだよね」

とら「しー! しー!!」
こんばんは

今日"も"時間があまりないのでさらさらさら~っと書いちゃいます。

題名にもある通り今日は運良く5300に乗ることができました。

懐かしいモーターの響き、オールクロスの車内。もう感激ですっ

たまにでいいからこういうちょっとした幸せに出会えると毎日が幸せに過ごせるのかな?

って思った今日この頃でした。


さて、またイベントで立て込んできました。オフ会などのお話も随時してゆきたいと思います。
とりあえず目先


12月8日:渥美半島砂鉄オフ
12月15日:第二回たたらオフ

詳細はまた随時上げてゆきますのでよろしくお願いします♪
こんばんは

きりのんです。
GLF8お疲れ様でした。

私は・・・・・・いつも通りといったところでしょうか。
本来ならばいろいろあげたところなのですが、それ以上にその日の夜の討論がすごすぎてまだちょっと余韻を引きずっているので、その余韻が引いてからいろいろ書いてゆきたいと思います。

ではでは今夜はこのあたりで

ちなみにこのブログまだ6月ぐらいなんですよ。書いているの・・・・・・だいぶため込んでしまいました。随時更新・・・・・・できればいいな~(汗
ブリヂストンのサボ入り6000系を横目に? 養老天命反転地に行ってきました。
DSC04989.jpg

あいにくの雨で滑りやすく、運悪く新品のスニーカーで来てしまった子がもうつるんつるんしていて可哀そうなぐらいでした。
DSC05272.jpg
ひたすら話しながらぐるぐるしていたので特に写真は無いですw

DSC05318.jpg
↑養老駅。
のどかでいい駅です。雨でどんよりした曇り空が逆にいい味を引き出しています

以上。報告のみ
高校・大学の演劇部・サークル支援「キリノ製作所」出張してきました。

↑ココへw

作ったのは階段と一辺6尺の人が乗れるキューブです
DSC04924.jpg
↑階段(一番低いの)

DSC05141.jpg
↑左から 低い階段から続く高階段 キューブ(作りかけ) 低い階段

DSC05725.jpg
↑舞台セッティングされた様子

どんな舞台だったかはちょっと秘密なのですが、素晴らしい舞台でした。ジャンル的には初めての分野で、おまけに脚本はイタリア語。お話に合った大道具が作れるかちょっと不安でしたが、精一杯お手伝いをさせて頂きました。舞台セッティングは前日丸一日と当日の午前中いっぱいを使って行われ、GP、本番と見させて頂きましたが、言語は分からなくてもそれぞれのキャストさんが発する声の抑揚、動き、ひしひしと伝わってくる大きな感情の流れがとにかく圧倒的で、しかもバックミュージックは生オケという豪華さ。このような素晴らしいサークルで舞台を作るお手伝いをさせて頂けたことに感謝です。


※キリノ製作所は依頼を募集中です。大道具を作りたいけどどう作ったらいいか分からない。人が乗れるぐらい大がかりな大道具を作ってみたい。単純に人手が欲しい。などなどありましたらお気軽にご相談ください。
ご依頼はこのコメント欄に記入でも、はたまたtwitter等でDMくださっても構いません。気になるお値段ですが、キリノ製作所(個人)はあくまで"お手伝い"として作らさせて頂いております。最低限材料と作れる場所、それから作りたい大道具の構想があれば喜んで作りに行かせて頂きます。また、大道具の図面引きや、材料の買い出し等もやっております。大道具を作ってみたいけれどどうやって設計図を書けばいいか分からない。買い出しに行きたいけど車が小さい。などでも構いません。ご相談ください。
皆様の舞台がより良いものになる一助になれば幸いでございます。

↑と、ぐじゃぐじゃ書きましたが、要は大道具作るのが好きで好きでしょうがないのでお手伝いあれば喜んでさせて頂きます。という事です。
おはようございます

ご無沙汰しておりました。

いろいろバタバタごちゃごちゃしておりまして気がつけば夏も終わり、日に日に涼しくなってきています。

さて、ちょっと見ないあいだにふぐり屋さんがパワーアップしておりまして、なんと! 今までのキャラ全員+新キャラが出てくるフルプライス版が出ると聞きまして早速バナーを頂いてきました。
ゆりんゆりん 『その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち』 11月30日発売!
発売が残念ながら明後日のGLF8には間に合いませんでしたがタペストリーの再販売を行うそうです。

私は・・・・・・さてさてどこにいるでしょうか?w

では、また随時更新を(できる限り)続けてゆきたいと思いますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

バッタバタの三連休初日PCの前より

































ぽむ「・・・・・・」|д゚)チラッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。