FC2ブログ
四本足に2つの車軸
私の趣味を中心に、見聞したこと思ったこと、たまに妄想などを綴ってゆきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開かない踏切、分断された街。よどむ道路交通・・・・・・これらを克服するための壮大なプロジェクト

知立駅高架化事業。正式名称「知立駅付近連続立体交差事業」でございます。

先日仮線と仮駅の工事も開始されましたこの知立駅(中略)交差事業。新たに掲示が張り出されました。

DSC01453.jpg

知立駅付近


連続立体交差事業


~知立駅付近工事のすすめ方~

知立駅の高架化は、鉄道を運行させながら工事を行うため、図のような施工順序ですすめてまいります。工期が長期に渡り、利用者のみなさまにはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力を何卒お願いいたします。

↑どんな順序で線路を動かすのか、掲示をもとにまとめてみました。↓↓

スライド2
まず現状。地上ホーム3面6線で、本線2線、三河線3線、留置線1線となっています。

STEP1
スライド3
留置線と、その南側を利用して仮設ホームと仮線を作り、現在の2,3番線を仮線へ切り替えします。
また同時に南改札口を設置します。

STEP2
スライド4
現在の2,3番線跡地を利用して4,5番線を仮線に切り替えします。

STEP3
スライド5
現在の4番線跡地を利用して6番線を仮線に切り替えます。

STEP4
スライド6
現在の5,6番線跡地に高架を建設し、名古屋本線豊橋方面を高架に切り替えます。

STEP5
スライド7
仮6番線(現在の4番線跡地)に高架を建設し、名古屋本線岐阜方面を高架に切り替えます。

STEP6
スライド8
本線高架線の上部に三河線の高架を建設し、三河線を高架に切り替えます。

以上6ステップで高架化が完成。高架島式2面4線×2段の立派な要塞駅が完成する。という寸法のようです
スポンサーサイト
お花見に行ってきました。

DSC01409.jpg
今年は一気に咲いたので見事な満開です。
桜吹雪の下お昼寝なんて贅沢ですよね♪

お酒を飲んでどんちゃん騒ぎーはあまり好きではありません。

こういうときぐらいのんびりしたいものですヽ( ̄▽ ̄)ノ


さて、日本で花と言えば今は桜ですが、かつては梅でした。

寒空の下枝にぽんぽんと可憐に咲く梅の花は一足早く春の訪れを告げてくれます。

その後、いよいよ暖かくなってきて咲くのが桜。ちょうど年度替わりのあたりでかつては入学式と言えば桜のイメージでしたが、最近は卒業式も桜のイメージになりつつあるようです。
DSC01386.jpg

そして、桜が咲いた後に入れ替わるように花開くのが桃。枝にびっしりと咲き誇る桃の花もまた豪華さでは負けていませんよね。


そうそう、桜と言えば夜桜も見逃せません。

ライトアップなんてされてなくていいんです。月明かりに浮かび上がる薄桃色の桜が一番美しい。
と言いつつ曇り空の下街灯に照らされた夜桜で我慢。
DSC01420.jpg

お花見の話ばかりしてきましたが、春はうれしいことばかりでもなく、実は3月終わりから4月初めにかけて事故・事件の件数が増えるそうです。

春 新年度。何となくそわそわバタバタしやすい時期ですが、気を引き締めてゆきたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。