FC2ブログ
四本足に2つの車軸
私の趣味を中心に、見聞したこと思ったこと、たまに妄想などを綴ってゆきたいと思います。

6000系っぽいPCケース(木製)を作ろう


初めから読む

タグ? というよりも仕様

PC
自作
ケース自作
木製PCケース
観音開きのPCケース
入れ込み型
6000系
表示をかっこよく(?)したい
電源下置き
アルミ板加工
うるさいPCケース
超ハイパワーファン搭載
ファン制御回路自作
電圧計搭載
バックライト付き
コロ付き
上部排気
前面吸気
電流の見える化!!

PCの組み立て


やっとここまで来ました。PCの組み立てです。

PC自作ーっとよく聞きますが、正直ここまでひーひー(自分のせいですが)やっていると、それは自作じゃなくて組み立てやん! って言いたくなることもあります。自作で良いのですけれど。

愚痴が出るのは疲れてるからだよパトラシュ・・・・・・さて、組み立てします。
いよいよ表舞台に出てきましたPCパーツたち
DSC08571_20121220191135.jpg
DSC08578_20121220191146.jpg

マザーボードにCPUを取付します。
DSC08572_20121220191139.jpg

金属端子がほれぼれするほど美しいです
DSC08577_20121220191143.jpg
DSC08574.jpg
DSC08581.jpg

乗っけます。
DSC08582_20121220191150.jpg

爪をひっかけて固定。そうしましたらCPUクラーの取り付けです。
DSC08583_20121220191210.jpg

グラフィックボード、メモリーも取り付けて電源を引いてきます。
DSC08588.jpg

引っ張り出してきた古いキーボード
DSC08587_20121220191516.jpg

さて、きちんと動作するでしょうか・・・・・・?
DSC08589.jpg
DSC08590.jpg

カチャンとハネカエリを投入。しばらく沈黙の後・・・・・・

カコンとリレーの作動音! 起動しました。
DSC08591.jpg
画面に映るBIOS画面に感動します。自作回路でPCが駆動したー!!(モノは言いよう)

無事起動が確認できたのでいよいよ自作ケースの中に組み込みます。きちんと採寸して作りましたが、入るでしょうか?

ドキドキの連続です。

電源スペース
DSC08594.jpg

無事収まりました
DSC08599.jpg

電源コードは基部にある隠れコンセントから取り回します。
DSC08600.jpg
DSC08601.jpg

蓋をして
DSC08602.jpg

ひっくり返します
DSC08604.jpg

マザーボードを取り付けて・・・・・・
DSC08585.jpg

っと、あ、干渉しました。ここで、ここで?!

側面吸気ファンとCPUクーラーがぶつかりました。あと10mm低ければ・・・・・・っ

仕方がないのでCPUクーラーの向きを変えます。写真左奥向きから上向きへ。
DSC08609.jpg
背面CPU用ファンの意味が、いみがなくなりました。でも、排気的にはこちらの方が効率が良さそうです。

ベイにどんどん差し込んでいきます。
DSC08610.jpg
一番上はもちろんファン制御とリレーの乗った自作ベイです。放熱フィンが見えます。
その下にDVDドライブ
メモリースロット
SSD
HDD
SSD(下に付け足し)
の順で取り付けて、コードを取り回します。

底にヒューズケースが見えます。

内部はこんな感じになりました。
DSC08612.jpg

OSその他をインストールします。
DSC08605.jpg

ウィルス対策はカスペルスキー(かすぺちゃん)を入れました。
カスペin
3年3台用などは1台目を入れた瞬間からすべての加算が始まるようで、3×3で9年使えるわ!! などと考えていると痛い目を見るらしいです。

1台1年用ツインパックはあくまで1年1台用×2という事なので、1台のみであれば1年づつ入れて2年使えます。

いよいよ完成。ですが、余興が少し

前へ 次へ
スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yotuashi.blog.fc2.com/tb.php/82-19cce691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: