FC2ブログ
四本足に2つの車軸
私の趣味を中心に、見聞したこと思ったこと、たまに妄想などを綴ってゆきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
布団乾燥機が壊れました。
DSC00207.jpg

うんともすんとも言わないのでヒューズがとんだかもしれません。

布団の重みに送風が負けて異常加熱したかも?

DSC00202.jpg
DSC00190.jpg
分解してみると案の定温度ヒューズが切れておりました。

なので、交換して足元温風器として再利用を図ります。

※当たり前ですが補償対象外になります。また、改造は自己責任ですよ!!

なんで布団乾燥機として使わないかというと、一度温度ヒューズがとんでいるという事は異常加熱したという事にほかならず、ヒューズを替えたからと言って根本的に直ったわけではありません。もしかしたらまた異常発熱する可能性があります。もちろん、次回もヒューズが必ずとんでくれるという保証もありません。布団乾燥機として放置ぷれいで使用するのは怖いので、送風の負荷が少なく、常に人目のある足元温風器として使う事にしました。(それでも十分怖いですけれど、温風器としての使用なら布団の重みで送風ができなくなり、ニクロム線が過熱しすぎるという事も無いので)

↑じゃあ使うなよって事になるのですけれど、それは言わないお約束でw

布団乾燥機の構造としては、パカって開けたところの写真で下の金属部分。中にファンがあり、上に乗っかっているモーターが回転数することで風を起こします。

そのすぐ上のコードがいっぱいついている小さな部品が電熱線のユニットで、ここで風が加温されます。

加温された空気はパイプと蛇腹で導かれると、こういう仕組みですね。

ちなみに右奥の円柱のようなパーツがタイマーです。

分解してファンとモーターのユニットを取り外します。
DSC00186.jpg
DSC00188.jpg
電熱線が顔を出しました。

ヒューズはこの電熱線部分の下に入っています。

交換するヒューズ。
DSC00194.jpg
DSC00192.jpg
元のヒューズは121℃なのですが、無かったので119℃にしました。こういう場合、規格が小さくなる分には問題ありません。2℃程度なら誤差範囲ですし。

ヒューズを取り出し。

DSC00196.jpg
DSC00197.jpg
新しいヒューズを半田付けします。

温度ヒューズなので、半田の熱が当たりすぎると切れてしまいます。
例えば熱に弱いICなどを半田付けするときには、熱が伝わりにくくなるように専用の金属クリップでリード線を挟むのですが、その応用。目玉クリップでも代用が効きます。

DSC00201.jpg
ヒューズを戻し

DSC00184.jpg
組み付けをしてゆきます。

DSC00209.jpg
スイッチをひねると普通に動きます。

再びヒューズが切れるという事もなさそうです。



そうそう、余談なのですが、構造的にはPCの冷却も原理は同じなのです。ニクロム線の金網部分をCPUの冷却フィンに置き換えれば排熱が温風として出てくるので一石二鳥?
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yotuashi.blog.fc2.com/tb.php/91-a7387601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。